Sow The Seeds

介護の現場から リーダーのためのブログ

『介護の生産性』に対する強い懸念、怒れる介護福祉士の主張

f:id:sts-of:20190121210332j:plain

こんにちはyuです。

最近はユニットケアに関することを連載のように書いていたのですが、ちょっと中休みで、今回は違うことを書かさせていただきます。どうしても気持ちを吐き出したかったので、すみません。

先日職場にある平成31年1月1日
付のシルバー新報(いわゆる業界紙)を見ていたところ、以下のような内容が掲載されていました。

タイトル
『どうする?介護の生産性向上』避けられない効率化 人員削減と表裏一体

 人口減少による深刻な労働力不足に立ち向かうため、政府が外国人労働者の活用以前に性急に取り組むべきとしているのが、「生産性の向上(革命)」だ。安倍首相自らアベノミクス最大の勝負事項と位置付けている。

 厚生労働省は2018年5月、政府の経済財政諮問会議で2040年の社会保障のマンパワーシミュレーションを示した。そこでは医療や介護を必要としない高齢者が増えれば就業者数は見込みより81万人減、さらに労働の生産性が5%上がることによっても53万人程度減らせるとしている。ICTなどを活用することで平均では3対1の人員基準を下回る2.7対1の配置で運営できている特養があることを前提とした。

以下省略

※平均では3対1との表現がありますがこれは記事の間違いです。実際には平均で2対1であり、経済財政諮問会議資料にもそのように記載されています。


これを見て皆さんはどう思われるでしょうか?


この話の発端は平成30年5月21日に行われた平成30年第6回経済財政諮問会議です。また、その後7月26日に開催された第74回社会保障審議会 介護保険部会 でもこの事については資料に出てきます。

随分と前のことにも関わらず、私は介護業界の今後に関わる懸念事項に対し無頓着であったことを強く後悔しました。本当に情けない。

今回は、ここで語られている『介護の生産性』と、その中身について色々言いたいことがあるので綴りたいと思います。

続きを読む

日本のユニットケアは今後どうなっていくべきなのか(2 / 3)

f:id:sts-of:20190114001646j:plain


日本のユニットケアは今後どうなっていくべきなのか、第二回です。

前回は制度面において

  1. ユニット型施設はこれ以上増やさない方が良いのでは?
  2. ユニットケアの現場運営について、従来型の手法を取り入れた中規模ユニットを目指した方が良いのでは?

という2つの提案をさせて頂きました。
www.sow-the-seeds.com


今回は、この2つ目の提案『従来型の手法を取り入れた中規模ユニット』の具体的な運営方法について綴っていきます。

思いつく事を順不同で語っていきますので、ややまとまりのない文章となっていますがどうかお許し下さい。

※今回のブログの内容は、実際に従来型施設、ユニット型施設で働いている人でないと理解できない内容を多く含みます。そのため、それらの施設経験のない方には分かりにくい部分もあるかと思いますが何卒ご了承くだい。

続きを読む

日本のユニットケアは今後どうなっていくべきなのか(1 / 3)

f:id:sts-of:20190113003239j:plain


先日の記事では、以下の書籍を参照し、日本のユニットケアとスウェーデンのユニットケアの違いを紹介しました。

スウェーデンの老人ホーム―日本型ユニットケアへの警鐘

スウェーデンの老人ホーム―日本型ユニットケアへの警鐘

 

また、その中でスウェーデン以下の人員配置でスウェーデン以上のサービスを提供しているのが日本型ユニットケアの実態であり、それは問題ではないか?必要な人員を充分に配置できない日本の状況において、教科書で教わるような理想のユニットケアは出来ないのではないか?」という旨をお伝えさせて頂きました。

とはいえ、今でも日本ではユニット型施設が多数存在し、そこで暮らす利用者、働く職員がいるわけで、その中でどうすれば皆が幸せ(利用者の生活面・職員の労働環境面)になれるのかということも考えて行かなければなりません。

今回は表題にもありますように、日本のユニットケアは今後どのようにしていったら良いのか?という点について、三回に分けて持論を綴っていこうと思います。

続きを読む

【人材育成】WhyとHowを意識しない介護現場は崩壊する

f:id:sts-of:20181224034315j:plain

こんにちはyuです。

今回は人材育成にまつわるお話しを少し。

いきなりですが以下の事例を見て皆さんはどう思われますか? 

  • トイレのドアを開けたまま、女性車椅子利用者のトイレ介助を行い、便座に座った利用者から職員さんが離れて、チラチラ様子を見ながら他の作業を始めた。

  • 尿意はあるが、紙おむつをつけている利用者が「おしっこ出た」と訴えても「時間じゃないから…」と交換してくれない

  • 食事の際、ごはんに薬を混ぜている。

出典:『身体拘束及び高齢者虐待の未然防止に向けた 介護相談員の活用に関する調査研究事業 報告書』特定非営利活動法人 地域ケア政策ネットワーク 介護相談・地域づくり連絡会平成 29(2017)年 3 月


虐待?不適切なケア?

介護の世界には、明らかに虐待と言われるような内容のこともあれば、虐待ではないけど不適切だよね(虐待の芽・グレーゾーン)と言われるような内容のこともあります。

虐待や不適切ケアが起こる背景は様々ありますが、多くの場合『いきなり起こる』ものではなく、その兆候は『日頃のケアの中から徐々に現れている』ことが殆どです。

こうした事態が悪化しない為に必要な視点として、WhyとHowを意識することが大切ですよ、というお話しを今回はさせて頂きます。

続きを読む

あなたの施設は大丈夫?介護施設の決算書を見てみよう【貸借対照表を解説する】

f:id:sts-of:20181210023007j:plain

先日、福岡県にある介護施設の経営難がニュースになっていました。

 福岡県行橋市流末(りゅうまつ)の社会福祉法人「友愛会」が運営する特別養護老人ホームなど2施設で、複数の職員退職や、水道代の支払い遅延など運営に行き詰まったことが3日、分かった。市は同日、施設への水道供給を停止。計約30人の入所者の安全を図るため、市内の別の施設に近く移送する異例の対応を取る。法人には年内に、社会福祉法に基づく改善命令を出す方針。

中略

 関係者の話では、法人は、利用者を行橋市居住者に限定したことなどから経営が徐々に悪化。10月には、法人の事実上のオーナーの元行橋市議が急死したことも、運営に影響を与えた。数十人いた介護職員らのうち複数が給料支払いの遅れなどで退職しており、現在、数人の職員で入所者の世話をしているという。

法人は10、11月分の2カ月分の水道代約40万円を延滞。市は11月30日までに支払いがない場合は供給を止めると通告していたが、支払いはなかった。これまでにも長期にわたる延滞があり、市は特別監査を行い、再三、改善勧告を出し、指導していたという。市は入所者の移送と同時に立ち入り調査し、経営状態を詳しく調べる。

介護施設というと、一般的には「少子高齢社会だし、建てれば儲かる」と思われそうですがそうとも限らず、中には倒産するケースもあります。

例えば、地域によっては想定していたよりも利用者が少なく(あるいは事業所が乱立していて)利用者が集まらない、職員が集まらないためフル稼働出来ず初期投資を回収できない、介護報酬改定による事業の難しさなど、そこには様々な理由が挙げられます。

参考▼

介護事業と言えど安泰ではない昨今、事業所の運営状況はそこで働く職員にとっても他人事ではいられません。

いち介護士と言えど、事業所の財政状況をたまには把握してみるのも良いと思います。

今回は、ニュースにもなった社会福祉法人「友愛会」の財務諸表を参照しながら、財務諸表の見方と、その内容を解説していきます。

続きを読む

スウェーデンの老人ホームとの比較から、日本型ユニットケアの問題点を考える【書籍紹介】

f:id:sts-of:20181201030133j:plain

こんにちはyuです。

少し前のことになりますが、このようなニュースがありました。

埼玉県は3日、特別養護老人ホーム(特養)の整備計画などを検証する県議会の特別委員会で、今後認可する特養について、10床をひとまとまりにして手厚い介護をする「ユニット型」と呼ばれる個室を実質減らす方針を示した。国はユニット型の整備を重視するが、自民党県議団の強い意向で県が方針転換した形だ。
〜中略〜
従来型は入居費用が低く抑えられ、ユニット型よりも従来型を希望する入居希望者が多いとの声が施設にはある。

出典:特養整備、ユニット型減らす方針 埼玉県が方針転換:朝日新聞デジタル(2018年7月4日)

これまで国はユニット型特養の設置を推進してきました。2001年以降、新設される特養はユニット型のみという形だったのですが、ここにきてその方針に陰りが見え始めています。

f:id:sts-of:20181129182332j:plain

出典:「社保審-介護給付費分科会 第143回(H29.7.19) 参考資料2」より


上のニュースでは、利用者にとってユニット型特養は金銭的負担が大きく、従来型特養を希望する人が多いことがその理由としてあげられています。

私はどちらの施設でも働いたことがあるのですが、この利用者負担以外にも様々な理由から今のユニット型特養を続けていくのには無理があると感じています。

今回は、岡田耕一郎・岡田浩子著「スウェーデンの老人ホーム 日本型ユニットケアへの警鐘」を参照し、日本とスウェーデンのユニット型施設の違いを見比べながら、いま日本のユニット型施設が抱えている問題点について考えていきたいと思います。

スウェーデンの老人ホーム―日本型ユニットケアへの警鐘

スウェーデンの老人ホーム―日本型ユニットケアへの警鐘

 

※ユニット型と従来型の違いについては、ある程度基礎知識がある前提でこれからの話を進めさせていただきます、ご了承ください。

続きを読む

「穏やかな老い・穏やかな死へのサポート」について法令にも明記する事が必要だ【持論】

f:id:sts-of:20181103014004j:plain

久しぶりの更新になります、yuです。

最近はもっぱらTwitterで遊んでました、すみません。

さて、そんなTwitterをしている中で、色々と論争と言いますか、ちょっと話題になった事がありました。

自立支援を積極的にやっている施設の事例なのですが

やってる側は「今までの療養上の世話に終始した介護は古い!あれは介護じゃない」とこき下ろす、逆に介護度の高い利用者を見るような施設の人は「それ軽度のお年寄りだからできる事でしょ、うちらの事こき下ろすのは筋違いじゃないか」と反発する(私は特養勤めなので後者寄り)。

これについては、どちらが正しいとかではなくて、施設形態によって人員配置やできる事も、お年寄りの状態も違いますから、お互いできる努力をやればいいんじゃないか、どちらかをこき下ろす必要ないよね、というのが私の結論なのですが…

この件に限らず、例えばオムツゼロとかもそうなのですが、介護業界には自立支援を理由にこれまでの介護を否定したり、普通に介護している人に劣等感を抱かせるようなことを言ったりして「何か新しい素晴らしいことやってるぜ!これからはこれだ!」というようなムーブメントが時々起こります。

参考過去記事▼

「療養上の世話は古い」とか、「オムツゼロ」とか、あとは私がよく言う「無理やり食事介助」とか…

それぞれ別個のことですが、実はこれらの問題が暴走する要因にはある共通の法則があります。

では詳しく解説していきましょう。

続きを読む