Sow The Seeds

介護の現場から リーダーのためのブログ

ニューバランスM990初代とM990v2の履き心地【比較レビュー】

f:id:sts-of:20170623002826j:plain

当ブログで一番アクセスが多いのがニューバランスに関して綴った記事です ▼
ニューバランスの靴が歩きやすい、本当の理由 - Sow The Seeds

普段は仕事に関する堅苦しいエントリーが多いので、息抜きにと思い趣味を露呈してしまったのがこの記事でした。

やはり「介護・リーダーシップ・マネジメント等」と「ニューバランス」を比べますと、興味を持っている人の規模が違いますから、不本意ながらもアクセスが多いです。いや、ありがとうございます。

今回も息抜きに、愛すべきニューバランスの靴をレビューしていきます(開き直り)。
今回取り上げるM990初代M990v2は、まだネット上でも比較的露出が少ないので、参考になれば幸いです。

[目次]

 

 

1 . M990(初代)

f:id:sts-of:20170622234336j:plain

1982年当時「1000点満点で990点に到達した」という何やらスゴそうなキャッチコピーと、100ドルという高価格で大きな話題を呼んだモデルがこのM990。これはその復刻モデル。
※当時の為替レートは1ドル250円前後。物価も考慮すると現在の価値で30,000円強。

素朴なルックスですが、ミッドソールは素材を変えた2層構造、足運びの安定感を高めるM.C.D(モーション.コントロール.デバイス)、ビブラム社製のアウトソール、ウルヴァリン社のピッグスキンスウェードという、今見ても十分に豪華&ハイテクな仕様。

[ニューバランス] new balance スニーカー M990 GRY グレー US 7.5(25.5cm)

[ニューバランス] new balance スニーカー M990 GRY グレー US 7.5(25.5cm)

 

 

横から

f:id:sts-of:20170620213728j:plain

ロゴはいわゆる「デカN」、縁取りのないスムースレザーです。縁取りがない分、他のモデルに比べ太く野暮ったくも見えます。

カラーはオリジナルのグレー。チャコールグレーとは言わないまでも、やや濃い色味なところが気に入っています。

 

f:id:sts-of:20170620213812j:plain

踵付近のアップです。

クラシカルなモデルにしては、ミッドソールにかなりの厚みを持たせています。履き心地はフワッフワです。またアウトソールのラバーがとても分厚いので、耐久性も期待出来そうです。


かかと

f:id:sts-of:20170620213909j:plain

地味に感心したポイント。実はよく見ると踵部だけラバーの種類が違います。素材を切り替えています。

恐らくですが、踵部は磨耗しやすいためラバーの配合を変え、より耐久性重視の素材にしているのだと思われます。


インソール

f:id:sts-of:20170620214121j:plain

これも嬉しかったポイント。

踵から土踏まずにかけて、しっかりとせり上がったカップインソールを採用しています。その為、今まで履いたどのスニーカーよりも「踵から土踏まずにかけてのフィット感」に優れています。革靴では時折体験した事がありましたが、まさかスニーカーでこの感覚を味わえるとは驚きです。

クッションは柔らかめ、白と黒の2層構造になっておりこちらもフワッフワの感触です。

更に、このインソール自体にも『MADE IN USA』の印字があります(写真には撮っていませんが足裏部にあります)。ちょっと特別感がありますね。


まとめ

1982年生まれの古いモデルのため、試着するまでは正直あまり期待していませんでしたが、良い意味で予想を裏切られました。後述するM990v2にも負けず劣らずの履き心地です。ニューバランス凄過ぎます。

オーソドックスなデザイン、フワッフワで最高の履き心地、人とカブリにくい品番、大変気に入っています。



2 . M990 v2

f:id:sts-of:20170620214549j:plain

初代990の後、995、996、997、998、999を経て、2周目の990として1998年に登場したのがこちらのM990v2です。 

品番こそ同じ990ですが初代の登場から16年、随分とハイテク寄りな見た目に進化しています。ミッドソールは定番のENCAPに加えて、M998の登場以降ニューバランスを代表する高級クッショニング素材となったABZORB(アブゾーブ)」を搭載しています。

シューレースは白でしたが、私は好みで同色のネイビーに交換しています。

[ニューバランス] new balance スニーカー M990 NV2  ネイビー US 10.5(28.5cm)

[ニューバランス] new balance スニーカー M990 NV2 ネイビー US 10.5(28.5cm)

 

ちなみに現行の最新モデルはM990v4です ▼

[ニューバランス] new balance スニーカー M990V4 GL4 グレー US 8.5(26.5cm)

[ニューバランス] new balance スニーカー M990V4 GL4 グレー US 8.5(26.5cm)

 

 

 

横から

f:id:sts-of:20170620214633j:plain

ロゴは「チビN」、リフレクターになっています。

ミッドソールの曲線的なデザインが特徴です。翌年に発売されたM1700ともよく似ており、当時のニューバランスのデザインフィロソフィーを感じます。

アウトソールは踵部のラバーを、耐摩耗性に優れた素材に切り替えており「Ndurance(Nデュランス)」という名前がついています。


※参考、M1700 ▼f:id:sts-of:20170620232007j:plain出典 : http://www.fullress.com/2016/01/20-new-balance-m1700-gra-wn-made-in-usa/

 

後ろから

f:id:sts-of:20170620214722j:plain

このモデルの特徴(私感)は後方によく表れています。

踵のリフレクター部分には、誇らしげに大きく『USA』の刺繍、このコテコテ加減が時代を感じさせてくれます。決してカッコ良くはないけれど好きです。

ソールにはナイキのビジブルエアを彷彿とさせるビジブルアブゾーブ?でハイテク感をアピールしています。


まとめ

デザインについてですが、一言で言うなら「古き良きあの頃のハイテク」と言う感じです。90年代はメーカー問わずハイテクスニーカーが盛り上がった時代でもあり、M990v2も漏れなくその時代の空気を纏っています。しかしその中にあって奇抜さに寄り過ぎず『機能本位なデザイン』をしっかり貫いているところに、ニューバランスらしい真面目さを感じます。

一見するとダサい(997や998のようにシュッとしてない)のですが、それがかえって愛嬌と言いますか、私は好きです。また不思議とコーディネートとの親和性が高く「単品で見るとダサいけど履くと馴染みがいい」ような気がします。


履き心地ですが、初代と比べると堅くコシがあるクッション性です。インソールも堅めのものが入っています。

初代のようなフワッフワの感触はありませんが、むしろ自然な履き心地と言えるかもしれません。足運びはこちらの方が安定感がありスムーズなような気がします。

枕に例えると「990初代=羽毛のフカフカ枕」「990v2=コシのある低反発枕」、そんな印象です。どちらが良いかは好みによりけりですが、どちらも最高です。

定番のM996やM1400に飽きた人には、990シリーズは見た目も機能もかなりオススメ。



3 . さいごに

さて今回のレビュー、参考になりましたでしょうか?

こういったモノブログはあくまで気分転換なのですが、けっこう力が入ってしまいました。遊びが過ぎたと内心反省しています、何卒ご容赦下さい。

引き続き仕事や死生観にまつわる記事も更新していきますので、そちらもたまに見ていただけたら幸いです。最後までお付き合い頂きありがとうございました!